知っ得!普段使いにも対応出来るビジネスバック

ビジネスバックというと堅苦しいイメージがあり、素材も革、ナイロンを想像する人が多いようです。実際、販売されているビジネスバックの多くが革、ナイロン、色は黒というのが定番です。しかし、バックの素材と色を工夫するだけで、ビジネスにもプライベートの街歩きでも違和感なく使用できるバックというものが存在します。素材については、革が譲れない、ナイロンの軽さが条件という人が多くいます。革も染色の技術が発達し、様々な色が存在します。

ビジネス利用を想定して黒以外の色となると紺、茶、グレーなどが考えられます。普段使いのバックの色としては茶色が無難な色として人気があります。明るめの茶色は男性だけではなく女性にも人気があります。女性用の通勤バックとしても黒が定番として多くありますが、営業担当で外回りを行っていない限りかなりカラフルなバックを持っている人が多いので一度観察してみるといいでしょう。

ナイロン素材のビジネスバックの利点はバックそのものの軽さです。書類を沢山持ち歩く、ノートパソコンを持ち歩く場合はバックの強度が問題になりますが、ナイロンは軽くて丈夫なので女性にも人気がある素材の一つです。ナイロンのビジネスバックは黒が圧倒的に多いのですが、女性向け、あるいはユニセックス向けの場合、茶色、カーキ、赤、青など革以上にカラフルな色が存在します。

バックの色を選ぶ上で自分の就いている業務に合わせる必要があるのは営業など取引先へ出向く必要がある場合です。普段使いのバックを会社に置いていき、業務用のバックを持っている場合は気にする必要がないので普段の通勤時に着ている洋服に合わせてバックを選ぶといいでしょう。通勤時と休日のレジャーなどで着ている洋服が違う場合は普段使いのバックの選択方法が難しくなります。普段使いのバックの他にもう一つ別のバックを持ち歩く場合は違和感がありませんが、一つのバックに普段使い以上の能力を求めないようにするのがバック選びのコツです。

女性の場合、バックを複数個持ち歩く人が珍しくありません。仕事にもよりますが、貴重品など常に持ち歩くものと目的によって持って行くべき荷物が明確に分かれていることが多いからです。男性でも女性と同じようにバックを複数個持ち歩くことに抵抗がないのであれば、一つのビジネスバックに負わせる役割を多くする必要がなくなります。バックの中身を見直すことで、選択肢を広げることが出来ると、選ぶ楽しみが増えます。